マスロック・ポストロックが好き。

自分の好きなバンドについて自由に書いていくブログです。

簡単な自己紹介~其の伍(ラスト) マスロック編~

長々とやってきた筆者の自己紹介(という名の音楽遍歴語り)もこれで、ついに終わります、多分。

 

・・・・前回でpeople in the boxの「変拍子があるけどなんかポップ」という音楽性に惹かれ「似たようなバンドないんかコラ!!」という感じで検索したところで見つけたマスロックバンドまとめの記事にあったのがttng。

一発で引き込まれましたね。その件のPVがこちら。「26 is dancier than 4」。ピクシレーションを使った謎の低予算PVですね。嫌いではないし曲がいいから問題はありません。

 

 さて、で、このバンドttngについては話すと長くなりそうな歴史を持っていまして、そもそもttngという名前は改名後のバンド名なんです。いきなりすぎてわかりづらいかもしれませんがご容赦ください。前身バンドの4人組バンド(という言葉は微妙に当てはまらない気もしますが。理由は後述)THIS TOWN NEEDS GUNS がありまして、そこでちょっとしたメンバーチェンジがあって3人組になり、そこで改名をしたんです。

何故改名をしたのか?

ウィキに書いてあったのを自信のない学生の語学力で訳したところ「THIS TOWN NEEDS GUNS(この町には銃が必要だ)なんてバンド名を冠したTシャツとかグッズを携帯して歩いてたら、危ないよね。知ってる人ならわかってもらえるかもしれないけど、一般の人にはそういった思想の持ち主だと勘違いされてしまうからね」とかいった感じの理由でした。ちょっと意訳してる部分もあるので自分で訳していただくのをお勧めします。まぁでも大まかにはちょっとバンド名が攻撃的過ぎるよね、といった感じで間違いないと思います。

 

 名前についてはこれぐらいにしてこのバンド、ttngの曲の特徴について一言で言うと、変拍子が多用されている、けれどポップ」です。

前回の自己紹介の記事にも似たようなことを書きましたが、使いまわしです。ですが、本当にそうと言うしかない。そういった点ではpeopleとの共通点もあるのかな、と個人的に思っています。聞いたほうがわかりやすいと思うので、とりあえずさっきの曲のPVをどうぞ。


This Town Needs Guns - 26 Is Dancier Than 4

 

どうですかね。高速でタッピングなどのテクを駆使しつつ印象的な変拍子リフを弾きまくるギターとそれに合わせてタイトにリズムを刻むドラムとそんな複雑なことをやっている楽器隊に負けず劣らずのパワフルな声で主張するボーカルがいいバランスにぶつかりあっている、といった感じでしょうか(それにしても語彙力無ぇな俺)。

これを聞いたときは滅茶苦茶驚きました。イントロのギターのフレーズすげえなぁ、と思いながら聞いているうちに拍子変わるし。「7+7と7+9の繰り返しのAメロだと・・・!?」と衝撃を受けました。people in the boxだってそんなことしないぞ(「東京」という曲では結構それに近い鬼畜拍子を使っていますが)、そんなことをあっさりとやってのけるなんて、と今までに聞いていたものが全て覆されたような感覚を覚えて、ハマリました。people in the boxという充分にすごいバンドがあるけど、まだまだそれ以上のことをやっているバンド(優劣をつけているわけではなく変拍子をもっと使っている、という意味です)があるんだ!!という喜びもあった気がします。

そこからはyoutubeでTHIS TOWN~時代の「Animals」を何回も聴いてました。このアルバムは曲名が全部動物の名前なんですね。なんでそんなことをしてるのかはよくわかりませんが。このアルバムも初っ端の「Chinchilla」からものすごい怒涛の変拍子を聞かせてくれます。


This Town Needs Guns - Chinchilla

 

聞くたびによくこんな曲で歌えるな、と感心します。説明が遅れましたが「マスロック」というのは「math-rock」つまり数学的な音楽ということで、一つ一つのメロディの拍子を全て計算しつくして作ったような曲展開というか、そんな感じです。つまり変拍子多めってことです。プログレと近いかもしれません。プログレと何が違うんだと言われるとちょっと困りますが。

 

それからはttngを聞きつつほかのマスロックのバンドをあさる、という日々を過ごしていました。筆者はどちらかというとインストよりは歌あったほうが好きなので(勿論インストも好きです。ausとか)、そういったバンドを探してたのですがこのジャンルはインストがメインなんで「歌つきでめっちゃマスマスしてるバンド」は数が少ないんですね。歌があってもいまいち「う~ん」となってしまうものも多かったです(今となればttngの歌メロのセンスがずば抜けているだけで歌ものマスロックバンドに対するハードルがあがってしまったのだと思いますが)。その中で次点で結構はまったのがAmerican Football。このバンドも非常にいい。歌も・・・・というにはちょっと歌が少ない気もしますが、いいバンドです。このバンドは1990年代後半にちょっと活動して大して人気も出ずすぐ解散したバンドだったのですがなぜかその後人気が広がり最近になって再結成したという非常に稀有な経歴を持つバンドです。まるでキルミーベイベー


American Football - The Summer Ends

ttngと比べるとひたすらリフ弾いてつなげる、というよりはゆったりとしたテンポで2本のギターの絡みが作り出すなんともいえない心地よさ、ノスタルジック、メランコリー、センチメンタルさがウリ、だと思います。あと地味に変拍子が使われています。マスロックだから当たり前ですが。ボーカルもttngと比べると主張するというよりかはふとした単語とか短い文章の呟きみたいな感じで、歌詞を聞き込むというよりかは自然に染み入ってくる印象です。

 

 

・・・・こんな感じで歌モノマスロックを聴いていた筆者ですがこのあとインスト系のマスロックとかエモよりのも聴くようになります。それには関しては(今まであげたバンドに関してもですが)少しずつ自己紹介とは別な記事で一つ一つ詳しく紹介していきたいなぁ、と。

 長かった自己紹介も(大半はほったらかしにしていた自分のせいですが)今回で終わりです。今回、こういったブログをはじめたのにはいくつか理由があって、

 

 

1、まず音楽を聴くのが好きだ

・・・まぁこれについては説明する必要ないでしょう。

2、マスロックというジャンルを広めたい。

・・・・今までの記事を読んでマスロックというジャンルが結構マイナーのジャンルであると思った人がいるかもしれません。・・・・まったくその通りで滅茶苦茶マイナーです。海外のマスロック系のバンドは日本語で紹介されているサイトがあんまりないんです。そういうまだ日本語での情報の少ないバンドを紹介できたらなぁ、と思っています。そもそもジャンル名の時点でマイナーです。筆者もポストロックならちょっとは聴いたことありましたがそれまでマスロックなんて名前一度も聞いたことありませんでした。で、蓋を開けてみれば中身は変拍子を使いまくる訳のわからないジャンルです。こんなのメジャーになるわけがありません。今までのを否定するようですけど大体、変拍子なんか使う必要ないんですよ、うまく使えなかったらthe shaggsみたいになってしまうのに、こんなことをわざわざする。そんな変拍子を取り入れてしまう

そこです。そこなんですよ。そこがいいんです。もちろん、変拍子を使うことの利点はあります。単純に普通の拍子よりできることの幅は広がります。ただそれでも使いやすい物とは到底いえません。それでも変拍子を取り入れる。そういう人間臭さみたいなのが感じられるのが非常に好きなんです。あと筆者はマスロックは好きですがマスロックについてなんでも知っているというわけではないのでなんというかマスロックについて知ろうと思っている人たちへののわかりやすい情報交換の場とかにできたらなぁとか考えています。

それに学校にはマスロック好きな人が全く居ないんですよ。4つ打ちロキノン系かアニソン・ボカロしか話に上がりませんよ。まったく。なんなんですかねぇ

 

・・・・話がそれました。とにかくそういう感じです。これからはマスロック・ポストロックのバンドを少しずつ紹介していきたいと思います。たまにマスロック関係ないバンドもやることもあると思います。そんときは許してやってください。「変拍子が使われている曲まとめ」とかやってもおもしろいかもしれないですね。

よろしくお願いします。

簡単な自己紹介 其の四 ~やっとpeople in the box編~

簡単な、と銘打った割りにいまだに終わらない自己紹介の記事ですが、そろそろ終わりに近づいてきました(多分)。更新おそくてすいません。

 

・・・さて、前回で筆者は少し前の邦ロック、を聞きあさってその結果、「変拍子」という技法(?)が使われている曲を好んで聴くようになります。

・・・まぁ、単純にパソコンつけてGoogle開いて「変拍子 曲」で検索しただけですけど。そんで、出てきたページに載ってる曲を片っ端から聞いていきます。
  
 たどり着いたのは某NAVERまとめ。そこで、people in the box を知りました。確かそのページに載ってたのは「旧市街」という曲のMV⋅⋅⋅⋅だった気がします。頭をガツンとやられたような衝撃を受けました。なんか、変拍子とか以前に変な感じの曲調だし。暑苦しい感じ、と言うのが正直な感想で「う~ん」と思いつつも他の曲を聴いてみることにしました。
 そして「ストックホルム」という曲を聞いてハマりました。(実はこの曲はずっと四拍子でこれっぽっちも変拍子要素はないのですが⋅⋅⋅⋅⋅⋅)

 まぁ、そんな感じでpeopleを知ることになりました。ある程度youtubeに挙がっている曲を聴いた後、スーパーカーを貸してくれた某友人に「people in the boxのCDあるか聞いてきて」と頼みました。「最近過ぎるって」ということで結局は持っていなかったのですが、そんならCDを買いに行けばいいじゃないということで早速近所のCDショップにいきました。が、あまりpeople置いておらず、あったのはそのとき丁度発売していた「聖者たち」だけでした(このとき実はアルバムも同時に出していたのですが、そっちはまったく見当たらず・・・。)。本当は初期の作品とかを期待していたんですけどね・・・・。まぁでもpeopleの曲なら構わん!!という感じで買いました。今思えば予約するなりちゃんとしたデカイとこのCDショップ行けばよかったんじゃね?とも思います。

 

 このシングル「聖者たち」は東京グールのアニメに作られた曲だとか何とか・・そのときはそうとは知らず、買ってから知りました。(東京グールのアニメが始まってからは学校ではひたすらTKの「unravel」しか話題に上らなかったのが残念でした)そして家に帰って「聖者たち」を聴く→ハマる→また別のCDを買いにいく、といった感じですぐに「Rabbit Hole」を買いにいきました。最新作を買った後に初期作を買うというのはなんか変な感じですが、割とすんなり受け入れられました。そこが、people in the boxの魅力ということかもしれません。

 

 

 people in the boxは三人組のバンドで、ギターボーカル、ベース、ドラムといった感じの典型的な編成です。余談ですが筆者は某友達からゆらゆら帝国とかBURGERNUDSとかを借りたことで、「スリーピースのバンドは上手い、ギターボーカルも上手い」というイメージがついていまして、たまたま知ったpeopleもまた上手く、スリーピースへの絶対的な信頼のようなものがつくことになりました。(それはThe shaggsによって打ち破られるのですが・・・・。)

 それはさておき、このバンドの特徴を端的に言うと、「ポップさ」と「複雑さ」の両立、といった感じでしょうか。ほとんどの曲で、変拍子が使われています。つまり、ひとつの曲の中で拍子がよく変わるわけです。普通、そんなことをしたら、露骨に曲のテンポ(この場合音楽用語の意味では無いです)とか聴きやすさが悪くなるのですが、このバンドはそんなことはなく、とにかく聴きやすいんです。変拍子という癖のあることをしつつも曲のポップさは死守している・・・という感じがします。

 

最近になって変拍子が減りその傾向は落ち着いてきましたが。相変わらずギターボーカルは難しいフレーズを弾きながら歌っていたりとらしさを貫いています。

 

 余談ですが、Peopleにはまっている当時(っても去年ですが)筆者は初めてライブを見に行きました。確かPeopleの全国ツアーのファイナル、新木場studiocoastでした。何もかもが初めてなもんでずっと周りをキョロキョロしていた記憶があります。

 

 それ以降はひたすらPeopleを聴き漁る毎日でしたがあるとき、「ほかに変拍子を使ってるPeopleみたいなバンドはないのか?」と思い、また同じような単語で検索すると海外の「マスロック・ポストロック」と呼ばれるバンドをまとめている記事を見つけて、すぐにクリックしていました。そこで、トップに出ていたのがttng の「26 is dancier than 4」のPVでした。

 

続きは次回に。ようやくマスロックについてちゃんと触れられそうです。

 


People In The Box 旧市街


People In The Box『ストックホルム』を弾いてみた

・・・・ストックホルムのPVが消されているのでこちらでご容赦を。

というかこれが入ってるアルバムを試しに買ってみるのがいいかも

「旧市街」とあわせて「Family Record」というアルバムに入っています。是非。

簡単な自己紹介 其の参 ~People In The Box編~

 次はpeople in the boxとの出会いについてです。
(とか言いつつこっからはpeople in the boxを知る前までの話です。ご注意ください)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

前回、しばらくRadioheadにハマってほとぼりがさめた後、僕は邦楽をよく聞いていました。そのきっかけになったのが、筆者の友達でした。
 

彼とは、よく「検索してはいけない言葉」を検索する仲で(当時は中二病真っ只中の中学生でした)、グリーンなんとかや、ウクライナなんとかなどを調べていました。今思うと何が楽しかったのか全くわかりませんが。

 

 ある日、検索してはいけない言葉一覧をのせてるサイトにアニメやドラマなどの映像作品で「この回は視聴者にトラウマを残した」というものが番外編のような感じでまとめられており、それを片っ端から見ている時に、あるMVに出会いました。
 
 「BE」という曲のMVです。スーパーカーというバンドの曲です。(今は笑いながら見れますが、念のためリンクは貼りません。自己責任で検索してください)
 
 そして、このMVを友達と見てお互い衝撃を受けました。「やべえ、これヤベェ‼」「なんかスゲェ‼」と。

 こんな風に知ってしまったので、筆者と友人にはスーパーカーが記憶に強く焼き付きました。 
 

 それから月日が経ちしばらくたったある日の帰り道、友達の父親スーパーカーのCDを持っているということを教えてもらいました。何でも昔よく聞いていたとか。
 その頃既に筆者と友達は検索してはいけない言葉遊びをやめていました。しかしスーパーカーの名を聞いた瞬間に蘇ってくるあの映像。もちろんCDを貸してもらいました。

 

 そしてスーパーカーにはまりました。何度も聞きました。スーパーカーを知るきっかけになった「BE 」が入ってる企画版のCDも。サカナクションと同じようにスーパーカーの情報を調べました。既に解散していること、解散後のメンバーの状況、そして当時流行っていた他のバンドたち⋅⋅⋅⋅。

 スーパーカーを一通り聞いたあと他のバンドのCDも借りました。ゆらゆら帝国ogre you asshole, ナンバーガールスパルタローカルズ等等⋅⋅⋅⋅⋅⋅。

この90年代後半~00年代前半までのバンドを聞いてく中で筆者はもっと細かいものにはまっていきます。
 

それが「変拍子」です。

CDを借りたバンドのなかでもゆらゆら帝国の「無い‼」「傷だらけのギター」 、スーパーカーの「blue subrhyme」

のような普通の曲では使われない拍子が使われている曲にはまるようになりました。

 そして、「変拍子が使われている曲」を探すようになりました。

 (⋅⋅⋅⋅またまた脱線して長くなりました。次の記事で今度こそpeople in the boxに触れていきます。)


ゆらゆら帝国 / 無い!!


傷だらけのギター、夜行性の生き物3匹 / ゆらゆら帝国

簡単な自己紹介のようなもの 其の弐 ~Radiohead編~

前回の続きです。どうやら僕は物事をコンパクトに伝えることが苦手みたいです。一時期やっていた日記も、学校の授業を一時間ずつ細かく書いていて今思い返すと日記というより調書みたいでした笑

 

・・・・いきなり脱線してしまいました。今回は自分が音楽にはまるきっかけになった2つ目のバンドRadioheadとの出会いについて書いていきたいと思います。

 当時サカナクションのファン、というか中毒者のような僕はF.U.Nの「We Are Young」という曲を聴きました。グラミー賞を取ったアレですね。その曲がきっかけでF.U.Nにも少しハマったのですが自分は「そもそも、グラミー賞とはなんぞや?」ということを思い、検索しました。そしたら「なんかいい音楽を作った人がもらえる賞」という事が朧げにわかりました。そんな感じで色々調べているとRadioheadという文字が!!

ここで僕は少し前にラジオで聞いたAtoms For Peaceというバンドを思い出しました。「あれ・・・・?これAtoms For Peaceの人じゃね?」と。

これがRadioheadを聞くようになったキッカケです。Atoms For PeaceがキッカケでRadioheadを聞くようになった、というのは今となっては少し変な感じがしますが、昔はひたすら「このバンドKAKKEEEE!!」という状態でした。

 Radioheadで初めて買ったのはバンドが5枚目に出した「Amnesiac」というアルバムでした。Radioheadファンの人にはわかると思いますが、Radioheadをはじめて聞く人にはこのアルバムはバンドの発表順を無視しているし、音楽的にも大分変化していて初期とのギャップが大きく薦めづらいアルバムだと思います。しかし、若く柔軟な頭(馬鹿なだけだったかもしれない)を持った昔の僕は「Dollars&Centsかっけぇ!!」としか思わず、その調子で「Kid A(4枚目)」→「Ok Computer(3枚目)」→「Hail to the Thief(6枚目)」→「In Rainbows(7枚目)」→「The King of Limbs(8枚目)」→「The Bends(9枚目)」というメチャクチャな順番でアルバムを買いRadioheadの虜になりました。(そしていまだにPablo Honeyを買っていない)

 サカナクションのときもそうですが、どうやら自分は一つのバンドにはまるとそのバンドだけを集中して聞いてしまうらしいです。あまりいい癖ではないので、どうにかして直したいです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

 あと、最近9枚目のアルバムが発表されたらしいですね。CDが出たら買いたいと思いますが、如何せんお金がない・・・。2曲MVが公開されていますが、どちらも筆者の最初の感想は「ドラムが聞こえないんだが・・・・。」というものです。

 

一曲目の「Burn the witch(すごい名前だ)」はストリングス+トムの歌で、2曲目の「Daydreaming」のほうは、・・・・上手く言えませんが、ピアノ+電子音のようなもの+トムの歌といった感じで、どちらもバンドサウンドから大きく離れています。これをRadioheadはライブでどうやるのか、というのが非常に楽しみでもあります。

書き足りないところはありますが、今回はここら辺で。

次はpeople in the box編です。

まだ自己紹介が続きますが、しばらくお付き合いください。

簡単な自己紹介のようなもの

 自分の好きなバンドについていろいろと書きたいことがありますが、その前に自己紹介的なものを。

 

 僕は自己紹介のときに「好きなものは?」と聞かれたら、多分「音楽」と答えます。(実際にそう答えたことはありません。・・・・なんか気取った感じがするからです。)

そんな感じの人間です。

 

 唐突ですが、最初に、自分が音楽にはまるまでの過程でも書いていこうと思います。

 

 おおまかに辿ると

家にあったCD→サカナクションRadioheadpeople in the box→主にマスロック・ポストロック

という感じです。

 

 初めて聞いたCDは家にあったアントニオ・カルロス・ジョビンの「wave」というアルバムでした。いわゆるボサノヴァというジャンルです。多分、このとき小学六年生ぐらいだったと思います。それまで一切自分の意思で音楽を聴いたことはなかったような気がします。とにかく、「wave」をCDプレイヤーで何度も聞いたり、パソコンに取り込んで何度も聞いていました。他にもCDはありましたが「wave」だけをひたすら聞いていました。

 


Antonio Carlos Jobim - Wave (1967) Full Album

 そして、ボサノヴァにはまり、ボサノヴァ大好き少年になるのかと思いきや、そうはならず飽きもせず「wave」を聞いてるだけでした。親はジャズが好きでよく僕の前で流していましたが、大してはまらず、むしろトランペットやらサックスら金管楽器の暑苦しい音がとても苦手でどちらかというと苦手な音楽の部類に入っていました。

 そんなこんなで小6のある日、僕は金曜の夜8時にやっている某音楽番組ことMステを見ていました。このころの金曜の夜のすごし方はドラ○えもん→クレヨ○ンしんちゃん→ミュージックステ○ーションをぶっつづけで見るというものでした。いつものように見ていたら、その日のゲストのなかで一組だけ浮いているグループがいました。まぁ、正確に言うとグループではなくバンドですが・・・。

 「サカナクション」というバンドです。Mステに出る前から結構勇名だったみたいですが、そのときは「なんかみんな暗めの服だな」ぐらいしか思っていませんでした。その日は「夜の踊り子」というシングルの曲をやっていました。幼いながらも、「なんか、他の出演者と違う」と思っていました。なんかボーカルの山口さんの周りで踊り子が踊ってたしね。ってなわけでサカナクションの持つ雰囲気と曲に少しひきつけられたわけです。しかし、ここでサカナクションにはまったわけではありませんでした。

 その日のMステのだいぶ後、youtubeを見ていてたまたまサカナクションがMステでやってた同じ曲のMVを見てハマりました。我ながらだいぶ面倒なはまり方だと思います。そっから、ひたすらサカナクションの曲をyoutubeで検索し片っ端から聞いていきました。サカナクションの公式サイトをちょくちょく検索したりもしました。

 それから、ラジオを聴くようになりました。(個人的にはこれも音楽を好きになるきっかけとして大きかったと思います)元は、サカナクションの山口さんが週一でラジオ番組のいちコーナーをやっていたのを聞いていたのですが、だんだん「他にも面白そうなのないかな?」と思うようになって他の番組や局も聞くようになり結構色んなミュージシャンを知ることになったと思います。

 あと、この頃(多分中一?くらい)に初めてCDを買いました。サカナクションの「ミュージック」というシングルです。この頃自分は「サカナクション一筋!!」サカナクションのファンになっていたと思います笑。それを機にCDを買うようになりました。自分で買ったのは主にシングルで昔のやつはあまり置かれておらずCDショップの中古の棚をじっくり探索して見つけていました。アルバムは・・・高かったのでツタヤでレンタルしました。「セントレイ」「ルーキー」「アルクアラウンド」を買いました。もう中毒といっても差し支えないかもしれない笑

 サカナクションを聞いて、歌詞に結構うるさくなりました。自分の中で「ラブソングなんか歌っているようなバンドはダサい!! サカナクション最高!!」という考え方が頭を占めるようになりました。さすがに人にいうようなことはありませんでしたが・・・。

 

 

 中一ぐらいまでずっとこんな感じでした。

 

 

ちょっと長くなったので続きは別の記事に分けます。

次は~Radiohead編~です。

 


サカナクション - 夜の踊り子(MUSIC VIDEO)


サカナクション - ミュージック(MUSIC VIDEO)

 

 

ブログはじめました。

タイトルの通り、ブログはじめました。主に音楽、自分の好きなバンドについて書いていきます。不慣れで文も下手ですが誰かの役に立てたらいいなと思っています。

よろしくおねがいします。

 

※ブログ名は結構適当につけました。僕は物に名前をつけるのが非常に苦手なため、ブログ名は結構適当につけました。どなたかよいブログ名を思いついたら教えてください。