読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスロック・ポストロックが好き。

自分の好きなバンドについて自由に書いていくブログです。

簡単な自己紹介のようなもの 其の弐 ~Radiohead編~

前回の続きです。どうやら僕は物事をコンパクトに伝えることが苦手みたいです。一時期やっていた日記も、学校の授業を一時間ずつ細かく書いていて今思い返すと日記というより調書みたいでした笑

 

・・・・いきなり脱線してしまいました。今回は自分が音楽にはまるきっかけになった2つ目のバンドRadioheadとの出会いについて書いていきたいと思います。

 当時サカナクションのファン、というか中毒者のような僕はF.U.Nの「We Are Young」という曲を聴きました。グラミー賞を取ったアレですね。その曲がきっかけでF.U.Nにも少しハマったのですが自分は「そもそも、グラミー賞とはなんぞや?」ということを思い、検索しました。そしたら「なんかいい音楽を作った人がもらえる賞」という事が朧げにわかりました。そんな感じで色々調べているとRadioheadという文字が!!

ここで僕は少し前にラジオで聞いたAtoms For Peaceというバンドを思い出しました。「あれ・・・・?これAtoms For Peaceの人じゃね?」と。

これがRadioheadを聞くようになったキッカケです。Atoms For PeaceがキッカケでRadioheadを聞くようになった、というのは今となっては少し変な感じがしますが、昔はひたすら「このバンドKAKKEEEE!!」という状態でした。

 Radioheadで初めて買ったのはバンドが5枚目に出した「Amnesiac」というアルバムでした。Radioheadファンの人にはわかると思いますが、Radioheadをはじめて聞く人にはこのアルバムはバンドの発表順を無視しているし、音楽的にも大分変化していて初期とのギャップが大きく薦めづらいアルバムだと思います。しかし、若く柔軟な頭(馬鹿なだけだったかもしれない)を持った昔の僕は「Dollars&Centsかっけぇ!!」としか思わず、その調子で「Kid A(4枚目)」→「Ok Computer(3枚目)」→「Hail to the Thief(6枚目)」→「In Rainbows(7枚目)」→「The King of Limbs(8枚目)」→「The Bends(9枚目)」というメチャクチャな順番でアルバムを買いRadioheadの虜になりました。(そしていまだにPablo Honeyを買っていない)

 サカナクションのときもそうですが、どうやら自分は一つのバンドにはまるとそのバンドだけを集中して聞いてしまうらしいです。あまりいい癖ではないので、どうにかして直したいです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

 あと、最近9枚目のアルバムが発表されたらしいですね。CDが出たら買いたいと思いますが、如何せんお金がない・・・。2曲MVが公開されていますが、どちらも筆者の最初の感想は「ドラムが聞こえないんだが・・・・。」というものです。

 

一曲目の「Burn the witch(すごい名前だ)」はストリングス+トムの歌で、2曲目の「Daydreaming」のほうは、・・・・上手く言えませんが、ピアノ+電子音のようなもの+トムの歌といった感じで、どちらもバンドサウンドから大きく離れています。これをRadioheadはライブでどうやるのか、というのが非常に楽しみでもあります。

書き足りないところはありますが、今回はここら辺で。

次はpeople in the box編です。

まだ自己紹介が続きますが、しばらくお付き合いください。